新着記事

インターネットの進化に伴う消費者の行動の変化に応じて、企業は従来の大量生産、大量消費という一方的なマスマーケティングから、個々の顧客のニーズに合わせたOne to Oneマーケティングへの転換を余儀なくされました。この潮流の中で、カスタマーファースト、カスタマーサクセスといった顧客中心の商品やサービスの開発、提供をすることが必要になっています。

顧客の抱えている興味や課題に沿って商品やサービスを提供する顧客主導型のマーケティングが隆盛な現在、自社サイトやブログといったオウンドメディアの役割が重要になっています。ただし、オウンドメディアを活用する際、目的や目標を決めずにただサイトやブログを立ち上げただけでは、思うような効果は得られません。

昨今のデジタルマーケティングでは、企業から顧客に対して一方的に働きかける「アウトバウンドマーケティング」よりも、顧客が欲するコンテンツを提供して興味を喚起する「インバウンドマーケティング」が主流となっています。インバウンドマーケティングにおいて、オウンドメディアによる情報発信は有効な手段のひとつですが、ただ単に情報を発信するだけではなく、顧客が欲する情報に合わせて常に進化できる必要があります。

日本でもマーケティングオートメーション(MA)の概念が浸透し、導入が促進されています。背景には、従来行っていたような一方的な電話でのセールスやメールの一斉配信は効率が悪いことが認識されてきたことがあります。代わって、顧客の関心に応じたコンテンツを通してリードを獲得し、さらに育成した上で、適切な方法でアプローチするという手法が注目されるようになりました。

コンテンツを活用したマーケティングを行うには欠かせないシステムとして定着しつつある「CMS」。今回は、CMSを導入するメリットを解説したうえで、企業向けにおすすめのCMS10選をご紹介します。自社にとって最適なCMSを見つけ出し、マーケティングに活用していきましょう。

現在、急速にその存在感を増しているオウンドメディア。オウンドメディアとはもともと企業が独自に運営するメディアのことで、大企業、中小企業を問わず、広報やウェブマーケティングにおけるスタンダードになりつつあります。顧客の獲得や、企業・商品のブランディングに広く活用されており、今や広報にとどまらず経営戦略における重要なツールの一つとなっています。

ホームページやブログのアクセス数を増やすために記事を書いたものの、思ったほどアクセス数が伸びない、ということはありませんか?内容には自信があるのになかなか読んでもらえないという状況は、ブログやオウンドメディアを運営している多くの方が経験していることです。

取材の依頼には何が必要?

コンテンツマーケティングを行っている企業なら、広報活動に利用したり、自社メディアに掲載したりするため、独自に取材して記事を制作することがあるでしょう。しかし、「取材や原稿執筆は難しい!」という方が多いのもまた事実。インタビュー記事は魅力的なコンテンツですが、取材依頼の作法については一定のノウハウがなければインタビュイー(取材先)に対して失礼になってしまうこともあります。この記事では、取材を申し込む時に相手にまず伝えなければならないことをご紹介していきます。