新着記事

事例取材を担当するようになって10年以上が経過し、私が携わった事例取材は気づかないうちに三桁に達していました。以前は製品の導入事例が多かったのですが、最近では課題解決(ソリューション)事例が増えています。こうした事例取材を重ねてきた中で身に着けたことをお話しします。

インターネットとそれにかかわる技術の普及拡大により、ひとびとの情報取得方法、接触メディア、使用デバイスは大きく変化しました。それにともない消費者や企業の購買行動も変化しています。

製品自身を売るのではなく、製品を通じたサービス提供をビジネスとして展開することをサービタイゼーション(Servitization)と呼ばれる。良い製品を作り売ることが製造業の仕事であった。売った時の品質が一番高い状態であり、実際使う時の品質はわからないままであった。

前回は、女子高生AI「りんな」について説明しましたが、今回はAIに関連するプロダクトの中でも多くの人がご存知の、ソフトバンクロボティクス「Pepper」について取り上げます。

IoT、「モノのインタネット」が何をしてくれるのか。その一つの解が最適化、効率化であろう。IoTがどのように最適化、効率化に寄与するのだろうか。IoTを取り組む企業の最先端をいく米国GE社の動向を追いながら見ていくことにしよう。

前回はAIの現状について説明しましたが、最近実用化が進んでいるAIは、SFのように人間とスムーズな会話をする相棒というよりも、「Google Now」に代表されるように利用者が求めている情報を分析し、答えを導き出すアシスタントとしての役割を担っていることが多いようです。

ここ最近、急速に注目を集めるようになった技術の1つに、人工知能(AI)が挙げられます。最近ではOSやロボット、アプリなどにAIが搭載されるようになるなど、AIの活用範囲が大きく広がりつつあるようです。今回からは、AIとマーケティングの関係について触れていきたいと思います。

前回は最近人気の「ゲーム実況」から、商材の相性を見極めることや、視聴者との共通体験など、動画をマーケティング活用する上でのポイントを確認しました。

今回はより視聴者に近い立ち位置から情報を発信し、人気を獲得しているケースとして、個人が配信している動画から、動画マーケティングに活かすことのできるポイントを探ってみましょう。

前回は、動画サービスにおける種類と内容、活用方法の違いなどについて説明しました。今回は先行する事例から、動画の活用方法について考えていきたいと思います。

スマートフォンにおける動画の活用で、現在最も大きな成功を収めている事例がゲームアプリです。

IoT、「モノのインタネット」を語る上で、今、世界で「インダストリー4.0」が注目されている。

インダストリー4.0とは第4次産業革命を意味する。4度目の産業革命と言われるのはどういうことか、産業革命の歴史を探るとともに、「インダストリー4.0」で盛り上がるドイツの取り組みの紹介をすることで、IoTがどのように社会を変えていくかを追っていきたい。