【サイト検証_Vol.2】PCで利用されているWebブラウザの比率を検証(2013-2014年)

サイト制作時に、ブラウザの種類やバージョンをどこまでサポートするか迷ったことはありませんか?
PCでユーザーが使っているブラウザの最新情報を、1年前と比較して検証しました。

検証対象

前回に続き、アニメの作品評価やレビューを集めたサイト「アニメ評価データベースさち。」のGoogle Analyticsのデータを検証しました。

カスタムレポートから、指標グループには[新規訪問数]を、ディメンションには[モバイル(タブレットを含む)]→[ブラウザ]を指定して、2013年1月と2014年1月のデータを比較。また、今回はPCなので、[モバイル(タブレットを含む)]はNoのデータを検証します。

結果

ブラウザ別のユーザー比率をまとめました。

ブラウザ 2013/1 2014/1
Chrome 25.6% 30.5%
Firefox 16.9% 16.4%
Internet Explorer 50.1% 47.2%
Opera 2.3% 1.9%
Safari 2.7% 2.6%


Internet Explorerがシェアの約半数を占めて1位をキープしているものの、この1年間で3%減っています。
2位はChromeで、5%増と着実にシェアを伸ばしています。
3位以下のFirefox、Opera、Safariは、微減ながらほぼ横ばいの状態です。

なお、Apple標準ブラウザであるSafariは、OS別の数値を見てみると95.5%がMac、3.2%がWindows、1.2%がLinuxとなっています。

今度は、それぞれのバージョン別にユーザー比率を見ていきます。

ブラウザ 2013年 2014年
Chrome 23.0.1271.97 9.74% 0.00%
Chrome 24.0.1312.52 9.03% 0.00%
Chrome 31.0.1650.63 0.00% 14.84%
Chrome 32.0.1700.102 0.00% 1.43%
Chrome 32.0.1700.72 0.00% 1.71%
Chrome 32.0.1700.76 0.00% 9.65%
Firefox 17.0 5.68% 0.06%
Firefox 18.0 9.00% 0.05%
Firefox 26.0 0.00%  14.51%
Internet Explorer 6.0  0.70%  0.27%
Internet Explorer 7.0  1.88%  0.87%
Internet Explorer 8.0 12.03%   6.39%
Internet Explorer 9.0  33.66%  5.42%
Internet Explorer 10.0  1.61%  25.10%
Internet Explorer 11.0  0.00%  9.01%
Opera 12.12  1.41%  0.01%
Opera 12.16  0.00%  1.10%
Safari 533.19.4  0.10%  0.00%
Safari 533.22.3  0.21%  0.00%
Safari 534.57.2  0.69%  0.00%
Safari 536.26.17  0.99%  0.00%
Safari 6.0.5  0.00%  0.17%
Safari 6.1  0.00%  0.13%
Safari 6.1.1  0.00%  0.35%
Safari 7.0.1  0.00%  0.69%


*基本的に1%以上のデータ(ただし、Internet Explorer 6.0およびSafariは0.1%以上のデータを掲載)

初期設定で自動更新するようになっているChromeやFirefox、Safariは、着実にバージョンアップが進んでいるようです。最新のバージョン、もしくは1つ前のバージョンのユーザーが大半を占めます。

Operaについては、ブラウザエンジン「Presto」を使った最終バージョンである12.16を使用しているユーザーが最も多いことがわかります。(データでは表示していませんが、ChromiumベースのOpera 15以上のユーザーもいます)

Internet Explorerは、OSにより導入できるバージョンが違うため、どうしてもバラつきが出やすいブラウザです。(XPだと8まで、Vistaだと9までしかインストールできない)

着実にバージョンアップが進んでいるものの、IE8やIE9のユーザーが一定数いることが数値から見て取れます。XPのサポート期限が2014年4月に切れるためか、バージョン6や7については、サイトのサポート対象外としても良さそうなレベルまでシェアが下がっています。

まとめ

今回の検証結果から見て、サイト制作時にサポートするブラウザは、

ブラウザの種類
・Internet Explorer、Chrome、Firefox、Safari(Mac)

バージョン
・Internet Explorer→8以上
・Chorome、Firefox、Safari→最新の1つ前のバージョンまで

とすれば、基本的に大半のユーザーをカバーできると考えてよいようです。

インバウンドマーケティング入門ガイド

SEデザインからブログの更新情報をお届けします。