【サイト検証_Vol.3】モバイルで利用されているWebブラウザの比率を検証(2013-2014年)

【サイト検証_Vol.3】モバイルで利用されているWebブラウザの比率を検証(2013-2014年)

モバイルサイト制作時に、ブラウザの種類やバージョンをどこまでサポートするか迷ったことはありませんか?

前回のPCに引き続き、今回はモバイルでユーザーが使っているブラウザの最新情報を、1年前と比較して検証しました。

検証対象

今回も、アニメの作品評価やレビューを集めたサイト「アニメ評価データベースさち。」のGoogle Analyticsのデータを検証しました。

カスタムレポートから、指標グループには[新規訪問数]を、ディメンションには[モバイル(タブレットを含む)]→[ブラウザ]を指定して、2013年1月と2014年1月のデータを比較。また、今回はモバイルなので、[モバイル(タブレットを含む)]のデータを検証します。

結果

ブラウザ別のユーザー比率をまとめました。

ブラウザ 2013/1 2014/1
Android Browser 47.57% 35.71%
Chrome 3.16% 8.07%
Safari 43.64% 51.73%
Safari(in-app) 4.10% 2.45% 


1位はSafariで、51%。2013年が43 %だったことから、約8%の上昇となっています。

色々なメディアでiPhoneの販売シェア率が、Androidを圧倒しているという記事を見かけることから、ここ1年で日本国内でのiPhone全体のシェア率はさらに上がったと推測できます。なお、Safari(in-app)はアプリ内ブラウザのアクセスです。

2位は、Android Browserでした。ここ1年で47%から35%と大幅にシェア率を落としています。

iPhoneのシェア率の拡大が主な原因と思いますが、Googleは標準ブラウザの開発終了を表明しておりAndroid 4.2以降は標準ブラウザが搭載されていないことから、今後もシェア率は下がっていくことが予想されます。代わりに、現在3位のChromeのシェア率が徐々に上がってくると思います。

今度は、それぞれのバージョン別にユーザー比率を見ていきます。

ブラウザ 2013年 2014年
Android Browser 4.0 0.00% 35.59%
Android Browser 533.1 25.72% 0.00%
Android Browser 534.30 20.55% 0.00%
Chrome 1.0 0.00% 0.78%
Chrome 18.0.1025.166 1.97% 0.51%
Chrome 31.0.1650.18 0.00% 1.31%
Chrome 31.0.1650.59 0.00% 2.78%
Chrome 32.0.1700.99 0.00% 1.85%
Nintendo 3DS Browser 1.7552.JP 0.00% 0.30%
Opera Mini 7.5.33361 0.00% 0.44%
Playstation Vita Browser 3.2 0.00%  0.55%
Safari(in-app)(not set) 0.00% 0.29%
Safari 5.1 0.00% 1.38%
Safari 6.0 0.00% 9.35%
Safari 7.0 0.00% 36.12%
Safari 7534.48.3 9.64% 0.22% 
Safari 8536.25 32.25% 4.29%


*基本的に1%以上のデータ(ただし、Internet Explorer 6.0およびSafariは0.1%以上のデータを掲載)

PC同様、初期設定で自動更新するようになっているChromeやSafariは、着実にバージョンアップが進んでいるように見えます。
標準ブラウザは、Android Browser 4.0が大半を占めていることがわかります。

まとめ

今回の検証結果から見て、モバイルサイト制作時にサポートするブラウザは、

ブラウザの種類
・Chorome、Safari→最新の1つ前のバージョンまで
・標準ブラウザ Android Browser 4.0

とすれば、当分の間、問題なさそうです。

 

インバウンドマーケティング入門ガイド

SEデザインからブログの更新情報をお届けします。