大田 誠裕

大田 誠裕

外資系IT企業の日本市場におけるマーケティング活動支援やモバイルサイト・アプリ開発などをプロデュース。 現在は、BtoB領域でのインバウンドマーケティングを主軸に、リード獲得プロモーション提案、企業導入事例などのコンテンツ制作に携わる。 「HubSpot Inbound Certification」を取得
大田 誠裕の記事一覧大田 誠裕の記事一覧

普段、皆さんはビジネスで「情報の蓄積」をどのようにされているでしょうか。

「自社の提案資料」、「協力会社さんからいただいた資料」、「議事録」、「セミナー参加時の報告書」、「何かの時に役に立ちそうなWebサイト記事」、など、いろいろなデータがあるかと思いますが、PCの中にそのデータが入っているだけでは、そのPCを持たない状況にいるときに中身の確認ができません。

そのような状況をなくして、「必要なものを記憶させ、必要な時に取り出す」ために、私はEvernote(エバーノート)を活用しています。

マーケティング担当者の皆様は、日々どのような課題を抱えておられますか? 日頃、外資系IT企業のマーケティング部の方々とお仕事をする機会が多い当社では、日本市場での取り組みに関する課題などを、独自にリサーチしました。その結果を報告します。 (※ヒアリングを行った企業は、当社のクライアント企業ではありません。)

マーケティングご担当者の方は「リード獲得施策」を日々検討し、実行されています。特にBtoB市場では、「ホワイトペーパー(資料)のダウンロード」を呼び水として、見込顧客のプロファイルを取ることがよくあります。

その中で、プロモーションに使えるコンテンツが自社にあまりストックされていない場合、見込顧客のプロファイルを取るためのダウンロード用コンテンツとして、顧客導入事例が使われるケースが見られます。

前回前々回に引き続き、2014年1月に行われたコンテンツマーケティングのセミナー 『FOUND Conference in Tokyo』の模様をレポートします。 http://www.ginzametrics.jp/blog/seminar-0122

前回に引き続き、2014年1月に行われたコンテンツマーケティングのセミナー『FOUND Conference in Tokyo』の模様をレポートします。 http://www.ginzametrics.jp/blog/seminar-0122

2014年1月に、コンテンツマーケティングのセミナーに参加してきました。

『FOUND Conference in Tokyo』 http://www.ginzametrics.jp/blog/seminar-0122

登壇された方々は、自社のサービスやメディアサイトを盛り上げるために日々工夫を凝らしている方々ばかり。運用体制やコンテンツづくりのアイデアの出し方、KPIの設定や社内説得方法などさまざまな話で盛り上がり、300名収容の会場も満席!熱気に溢れました。 第1部~3部を3回に分けてレポートします。

HubSpot早わかりガイド

SEデザインからブログの更新情報をお届けします。