SEデザイン編集部

SEデザイン編集部

SEデザインの編集部が、マーケティングに役立つさまざまな情報を発信しています。
SEデザイン編集部の記事一覧SEデザイン編集部の記事一覧

このブログをお読みの皆さんは、会社でのコミュニケーションにはどんなツールを使っていますか?ここ最近では新型コロナウイルスの影響でテレワークや在宅勤務が注目されているなか、社内コミュニケーションのあり方が問われています。そんななか、近年注目を集めているのがビジネスチャットツールです。

企業のマーケティング手法がアウトバウンドマーケティングからインバウンドマーケティングに変化し、オウンドメディアを活用したマーケティングを行うようになりました。その際、マーケティングの効率化、自動化をIT技術の進化によって実現したのがMA(マーケティング オートメーション)ツールです。

日本でも「働き方改革」とITの進化により屋内で行えるインサイド型の業務はテレワークなどの働き方に変化してきました。一方で、屋外での業務が中心となるフィールド型の営業活動においては、まだまだ改革する余地があります。

企業のマーケティング活動やセールス活動をより効率的に行うためにIT化が進み、「MA」「SFA」「CRM」といったITツールの利活用が進んでいます。その一方で、これらのツールはそれぞれ役割が違うにもかかわらず、混同されることが多く、自社にとって本当に必要なものはどれなのか、ついつい迷ってしまいがちです。

今回は、そんな「MA」「SFA」「CRM」それぞれの違いと役割について、明確にご理解いただけるように解説していきます。

インターネットの進化に伴う消費者の行動の変化に応じて、企業は従来の大量生産、大量消費という一方的なマスマーケティングから、個々の顧客のニーズに合わせたOne to Oneマーケティングへの転換を余儀なくされました。この潮流の中で、カスタマーファースト、カスタマーサクセスといった顧客中心の商品やサービスの開発、提供をすることが必要になっています。

顧客の抱えている興味や課題に沿って商品やサービスを提供する顧客主導型のマーケティングが隆盛な現在、自社サイトやブログといったオウンドメディアの役割が重要になっています。ただし、オウンドメディアを活用する際、目的や目標を決めずにただサイトやブログを立ち上げただけでは、思うような効果は得られません。

昨今のデジタルマーケティングでは、企業から顧客に対して一方的に働きかける「アウトバウンドマーケティング」よりも、顧客が欲するコンテンツを提供して興味を喚起する「インバウンドマーケティング」が主流となっています。インバウンドマーケティングにおいて、オウンドメディアによる情報発信は有効な手段のひとつですが、ただ単に情報を発信するだけではなく、顧客が欲する情報に合わせて常に進化できる必要があります。

コンテンツを活用したマーケティングを行うには欠かせないシステムとして定着しつつある「CMS」。今回は、CMSを導入するメリットを解説したうえで、企業向けにおすすめのCMS10選をご紹介します。自社にとって最適なCMSを見つけ出し、マーケティングに活用していきましょう。

HubSpot早わかりガイド

SEデザインからブログの更新情報をお届けします。