ホームページ作成費用の相場とは? 目的別に解説します

image1

 初めて自社のホームページの作成を依頼される方から、「10万円もあれば十分ですよね?」といった言葉をいただくことがあります。

ネットでホームページ作成の相場を検索するとわかりますが、無料とうたっているものから50万円、100万円といったものまで実にさまざまあり、この業界に詳しくない者には一体どれが正しいのかわかりません。 

依頼する側にすれば、ホームページというものはどこが作成してもだいたい同じような作りで、知人の会社が10万円で作ったという話を聞けば、「ホームページは10万円で作成出来るもの」だと思い込みがちです。 

実際、その知人の会社と全く同じものを作成するのであれば可能かもしれません。しかし、その企業の規模や業種、業態、ホームページに掲載したい情報が全く同じであることは少ないので、その都度見積もりを取る必要が出てきます。

 今回は、ホームページ作成に必要な内容、工程などを紹介し、目的別にホームページの相場を解説します。 

ホームページ作成の相場はわかりにくい

image2 

ホームページを作成したことのないユーザーにとって、どのような工程を経てホームページが作成されていくのかわからないことが、相場がわかりにくい原因の一つです。 

ホームページの種類や規模にもよりますが、概ね次のような作業が必要となります。 

  • ディレクション
  • どのようなホームページを作りたいのかをクライアントと打ち合わせをし、ホームページの構成や設計書、工程表、コンテンツとなるテキストや画像類の素材集め、全体の工程の進行管理を行う。
  • デザイン
  • ホームページのレイアウトや全体の色構成、バナー類やアイコン類を含めデザインが必要な部分の作業。
  • コンテンツ
  • クライアントからコンテンツテキストの提供がない場合、ヒアリングをしながらのライティング作業。
  • コーディング
  • 1で制作した設計書をもとに23で制作したものをHTMLCSSといったホームページ作成のためのプログラム言語で実際のホームページに仕上げていく作業。
  • システム
  • 問い合わせフォームやホームページ内検索といった最低限必要なものから、予約システム、買い物カゴなど、そのホームページを訪れるユーザーに一定の行動を起こさせるために必要な機能を実装する作業。
  • SEO対策
  • 作成したホームページがGoogleなどの検索エンジンで検索上位に表示されやすくするための作業。
  • コンサルティング・運用
  • 作成されたホームページの更新や新規ページの追加など管理運営するための作業(自前で行う場合は必要ない)。

 以上のような作業が必要になってきますが、お気づきのように、すべての作業が手作業です。つまり、ホームページ作成コストはほぼ人件費といえます。ホームページ作成に関わった人数と日数で作成費が算出されるのです。

デザイン作成に日当3万円の担当者1人が10日かかれば30万円、コーディングに日当2万円の担当者2人が5日かかれば20万円といったように加算されて作成費が算出されます。 

この人件費が相場をまたわかりにくくしています。チーフデザイナーがデザインするよりも新人デザイナーがデザインした方が人件費は安くなりますし、東京などの都市圏で作成するよりも地方で作成した方が一般に人件費は安くなる傾向があります。また、急を要する場合かそうでないかによっても変わってきます。 

 ホームページの種類別の相場

 image3-3

筆者の体験値を元に、ホームページの作成費用を種類別で比較すると、かなりざっくりですが概ね以下のようになります。

企業ホームページ

小企業や個人企業程度の規模で、会社案内代わりのページ数が10ページ以下のホームページの場合、WordpressなどCMSの既存テンプレートを利用し、社名やコンテンツを入れ替えて作成するものだと10万円程度が相場。このテンプレートに少し手を加えオリジナルなデザインを加えていくと20万円程度。完全に一から作成する場合は、最低でも50万円は必要です。

ブログ

企業ホームページと違ってコンテンツはホームページ公開後にクライアントが自ら投稿するため、作成側はせいぜいトップページのデザインぐらいになりその分コストは押さえられます。ブログサービスやWordpressのようなCMSの既存テンプレートをそのまま流用すれば5万円程度と安価に納まりますが、これに手を加えれば加えるほど当然ながら費用は嵩んできます。

ショッピングサイト

楽天などのショッピングモールが用意してくれているテンプレートを使って最低限の店舗情報と商品数20点ぐらいまでの登録作業であれば15万円程度。このテンプレートに手を加えオリジナルなデザインにすると30万円程度。ショッピングモールのASPを利用せず、クライアント企業独自のショッピングサイトを立ち上げるとなるとシステムの構築も含まれるので、最低でも70万円程度は必要です。

ホームページ作成費用を左右する要素

 image4

前述のとおり、ホームページの作成費は人件費であるため、工程上の作業が増えるほど、(クオリティを求めるほど)作成費が高くなります。 

例えば簡単な会社案内のホームページであればテンプレートを使って10万円程で仕上げることも出来ますが、さらにリード(見込み客)を獲得する場合、検索エンジン対策(SEO)や、ネットユーザーの目を引くデザイン、読ませるコンテンツの作成が必要となってきます。 

そうしたクライアントのニーズを見事に成果物に反映したクオリティの高いホームページの例としては、2018年度のWebグランプリでコーポレートサイト賞を受賞し、GOOD DESIGN AWARDにも輝いた近畿大学のホームページが挙げられます。 

10万ページにも及ぶ旧ホームページのリニューアルに際して、大学の情報発信ページとは思えないような極めてクオリティの高い映像を使ったダイナミックな表現を多用し、強烈なインパクトを与えるホームページに仕上げられています。大学のブランディングに功を奏し、「改革力ナンバーワン」「5年連続志願者数ナンバーワン」を実現しました。 

image5-3

6Webグランプリ「企業グランプリ部門」受賞サイト
GOOD DESIGN AWARD
近畿大学ホームページ

 

ホームページ作成依頼先によるコストの違い

 image6

ホームページの作成費は、依頼する先の作成者によっても大きく違ってきます。実績のある有名な制作会社から、まだあまり経験のないフリーランサーまで、実に幅が広いです。 

ホームページは知識さえあれば誰でも作れます。「自分で出来る、誰でも出来るホームページ制作」とネット上でうたっているのも目にしますが、それも確かで、ただ「ページを作る」だけであれば自分でもできてしまいます。 

しかし、クライアントのビジネスに効果をもたらすホームページを作成したい場合は、専門家に依頼する必要があるので、当然コストがかかってくるでしょう。 

依頼する制作会社は規模、実績、専門性によって、以下に大別できます。規模によっておおむね作成費用は高くなりますが、メリット、デメリットもあるので一概に費用だけで選択することも出来ません。

総合制作会社

自社でディレクション、デザイン制作、コンテンツ制作、コーディング、システム制作などの人員を抱えおり、実績もある会社が多いのでホームページ制作をはじめて依頼する場合、一番安心できます。ただし、企業規模が大きい分、間接費用が嵩むため、制作費用は高めです。

分野別制作会社

コーディング専門や、デザイン専門といった、特定の工程に特化した制作会社。専門分野以外の制作は他社やフリーランサーへの外注となることが多いです。専門分野以外のスキルがわかりにくい点が難ですが、デザイン重視のホームページを制作してもらいたいのであればデザイン専門の制作会社、特殊なシステムを構築してもらいたいのならばシステムに強い制作会社に依頼することをお勧めします。制作費用は総合制作会社よりも若干安めです。

業種別制作会社

開業医専門、楽天ページ専門といった業種や目的に特化した制作会社。それぞれの業種の専門知識や実績があるので、目的に合致した制作会社があれば選択枝に入れるべきです。ただし、専門性が高いため、若干費用は高めです。

フリーランサー

とにかく費用を抑えたいのであれば一番のお勧めがフリーランサーです。ただし、フリーランサーといってもそれぞれ得意分野があるので、実績や得意分野などの情報を得た上で十分検討してから依頼しましょう。また、これはフリーランスに限ったことではありませんが、信頼できる人かどうか、その人となりを見極める必要もあります。 

 

まとめ

 ホームページ作成の相場は、レディーメイド、オーダーメイド、量産品、特注品といったそれぞれの作成要件によって、大きく変動します。 ホームページ作成では、デザインテンプレートや既存プログラムなどを除けば汎用な材料と呼べるものはあまりなく、ほぼ人件費のみで構成されているといっても過言ではありません。 

これからホームページ作成を依頼したいとお考えであれば、ネットで同業種のホームぺージを検索して参考にしつつ、どのようなイメージのホームページを作りたいか、コンテンツ量はどの程度あるのか、ターゲット層はどこに設定するのかなどを明確にしておき、制作会社やフリーランサーにしっかり伝えましょう。

最初の段階でここを明確にすればするほど、明確な作成費用が算出されます。また、あらかじめ予算を決めておいて、その費用内で作成出来る最良のものを協議の上で依頼するのも方法です。 

なお、ホームページの作成を依頼しようと思った方は、次のページもぜひチェックしてみてください。 

※本稿は、20195月時点での筆者の体験値に基づき、金額は概算参考値です。

インバウンドマーケティング入門ガイド

 

HubSpot早わかりガイド

SEデザインからブログの更新情報をお届けします。