新着記事

リードジェネレーション(Lead generation)という言葉をご存知でしょうか。リードジェネレーションは、マーケティングの仕事に携わっている方はご存知だと思いますが、新しくマーケティングの担当をすることになった方はもちろんのこと営業担当者の方にも理解していただきたい用語です。

リードジェネレーションはマーケティングにおいて重要なテーマです。特に対象市場が限定的で、最終的に営業担当者によるクロージングが一般的なBtoB(企業間取引)のマーケティングにおいては、多くの企業がリードジェネレーションを優先事項にしています。本記事では、マーケティングファネルの出発点であるリードジェネレーションの意味、手法、成功のポイントをBtoBビジネスの視点から解説します。

みなさん、画像の編集や加工にはどんなアプリケーションを使っていますか? やはりこの手の王道アプリといえば、Adobe Photoshopですね。画像の色調補正から加工、文字入れや図表の作成など、画像に関するありとあらゆることが出来る万能アプリとして有名です。 

著作権や法令順守が厳しい昨今、様々な文書やコンテンツにおいて、見せる部分見せたくない部分のコントロールが求められています。例え自社のコンテンツサイトであっても、そのスクリーンキャプチャに移りこんだバナー広告の画像などは、見せたくない、あるいは見せてはいけないですよね。

SaaSとは、Software as a Service(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)の略で、「サーズ」や「サース」などと発音します。 

SaaSは、文字通りソフトウェアをクラウド上で提供するサービスのことで、ユーザーが端末(パソコンやスマホ)にアプリをインストールする必要がありません。ネット回線さえ接続していれば、ブラウザ上でどこからでも利用できるのが強みです。

SNSがウェブ上でのメディアとして主流である現在においても、ブログはストック型メディアとして個人、企業を問わず、情報発信ツールとして広く利用されています。

企業の顧客獲得活動は、見込顧客の発見から始まってクロージング(契約締結)で終わります。近年はこれらの活動の前半部分、つまり見込顧客の発見から育成までのフェーズをマーケティング部門が担当し、顧客訪問以降を営業部門が担当するという形で分業するケースが増えてきました。

ここ数年、マーケティングオートメーションのツールを導入する企業が増えています。

名前に「マーケティング」が入っているため、マーケターのツールと思われるかもしれませんが、獲得した見込み顧客(リード)の購買行動を進めるために、コミュニケーションをはかっていくという流れは営業担当者にとっても活用できる部分です。

Webサイトに集客する施策はいくつかありますが、迅速に見込み顧客を集客できる手法として、リスティング広告が挙げられます。

この記事では、これからBtoBマーケティングに取り組むマーケティング担当者の方に向けて、リスティング広告の概要から効果的な活用方法までを分かりやすく解説します。

日本のマーケティングシーンで「リードナーチャリング」という概念が注目されはじめたのが2015年前後。その後の数年で、「BtoBマーケティングではリードナーチャリングが重要」という認識は随分浸透しましたが、いざ取り組もうとすると、具体的に何をしてよいのか分からないという方も少なくないようです。

BtoBマーケティングおいて、見込み顧客(所属や連絡先などの情報を持っており、製品・サービスの販売につながる可能性のある層)の購買行動を進める施策のひとつが、メールやメルマガなどのメールマーケティングです。

HubSpot早わかりガイド

SEデザインからブログの更新情報をお届けします。