新着記事

IoTは広く社会を変える

 IoTはどういう分野にインパクトを与えるのだろうか。すべての分野に何らかの影響を及ぼすことは確かだ。特に、これまでICTから遠かった分野でさえもIoTは確実にインパクトを与えることに着目しなければならない。データによって最適化するということはICTでかなり行われてきた。例えばeコマースなどはそうだ。

IoTによる4つの影響力

IoTが社会に導入されることにより、大きく発展、変化するものに次の4つが挙げられる。

・製造業のサービス業化・リアルタイム化・需要と供給の最適化・マスカスタマイゼーション

急激な変化を遂げるIoT

インターネットの商用利用が進められた1990年代以降、順調に利用者は伸び続け、2014年の段階で30億人の人々がインターネットにアクセスしていると言われている。この数字は急速に増えていっている。このようにネットワークについてはIoT待ったなしの状況である。

IoTをドライブする3つのイノベーション

IoTを初めて提唱したのは、RFID(無線タグ、ICタグ)技術の専門家のケビン・アシュトンであり、1999年 のことだ。(参考:That 'Internet of Things' Thing ) それから15年近く経ち、IoTが注目されている。その理由は、IoTを支える技術が成熟してきたからだ。次の3つのイノベーションがIoTを支えている。

昨今、「IoT」という言葉がニュースなどで聞かれるようになった。IoTは、Internet of Thingsの略称であり、時には日本語で「モノのインターネット」と呼ばれることがある。

IoTは一体何を表しているのか。モノのインターネットというモノがつながっている環境によってどのように社会に影響があり、どのようにビジネスに変革をもたらすのか、迫っていきたい。

これまで「Ingress」「ねこあつめ」と、ユーザーに負担を与えることなく広告やプロモーションを実施している、スマートフォンのゲームアプリを紹介してきました。今回は、広告によってユーザーメリットを与えながら、効果的なプロモーションを実現している「クロッシーロード」の事例を見ていきましょう。

はじめて動画を作成しようと思っても、どんなポイントを抑えて動画を作ったらいいのか迷ってしまうものです。そこで今回は動画マーケティングを成功に導くために、押さえておきたい5つのポイントをご紹介します。

動画マーケティングをはじめたいけど、何をしたらいいかわらかない。そんなマーケティング担当者のために、基本的な動画の活用方法を5つご紹介します。

求めているゴールと照らし合わせて、どのように動画をWebマーケティングに活用していくのが最も効果的なのか探っていきましょう。

マーケティング担当者なら、「動画マーケティングを始めるべきだ」と一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

しかし、どう動画をマーケティングに活かすべきなのか、本当に今やっておくべきなのかと疑問に思うところでもあります。そこで今回は、動画マーケティングの基本知識と市場動向についてみていきましょう。

前回に続いて、広告を上手に活用したゲームアプリから、ユーザーにストレスを与えることなく広告やプロモーションを実施する手法を確認していきましょう。今回紹介するのは「ねこあつめ」です。

HubSpot早わかりガイド

SEデザインからブログの更新情報をお届けします。