新着記事

前回は最近人気の「ゲーム実況」から、商材の相性を見極めることや、視聴者との共通体験など、動画をマーケティング活用する上でのポイントを確認しました。

今回はより視聴者に近い立ち位置から情報を発信し、人気を獲得しているケースとして、個人が配信している動画から、動画マーケティングに活かすことのできるポイントを探ってみましょう。

前回は、動画サービスにおける種類と内容、活用方法の違いなどについて説明しました。今回は先行する事例から、動画の活用方法について考えていきたいと思います。

スマートフォンにおける動画の活用で、現在最も大きな成功を収めている事例がゲームアプリです。

IoT、「モノのインタネット」を語る上で、今、世界で「インダストリー4.0」が注目されている。

インダストリー4.0とは第4次産業革命を意味する。4度目の産業革命と言われるのはどういうことか、産業革命の歴史を探るとともに、「インダストリー4.0」で盛り上がるドイツの取り組みの紹介をすることで、IoTがどのように社会を変えていくかを追っていきたい。

ネット広告とは、「インターネット上のスペースを使い、広告主の広告を掲載し、対価を得るサービス」のことである。

しかし、メディアに広告クリエイティブを表示しただけでは、ネット広告として意味をなさず、必ずそれをクリックした先のwebページが用意されて初めてネット広告として成り立つといえる。

スマートフォンのハード自体の性能進化に加え、最近ではLTEなどによる高速モバイル通信が広く普及したことから、近年急速に“動画”の利用が広がっています。従来はテレビやパソコンなど画面で視聴されてきた動画サービスが、若年層を中心に、スマートフォンで視聴されるようになってきました。 ...

IoTは広く社会を変える

 IoTはどういう分野にインパクトを与えるのだろうか。すべての分野に何らかの影響を及ぼすことは確かだ。特に、これまでICTから遠かった分野でさえもIoTは確実にインパクトを与えることに着目しなければならない。データによって最適化するということはICTでかなり行われてきた。例えばeコマースなどはそうだ。

IoTによる4つの影響力

IoTが社会に導入されることにより、大きく発展、変化するものに次の4つが挙げられる。

・製造業のサービス業化・リアルタイム化・需要と供給の最適化・マスカスタマイゼーション

急激な変化を遂げるIoT

インターネットの商用利用が進められた1990年代以降、順調に利用者は伸び続け、2014年の段階で30億人の人々がインターネットにアクセスしていると言われている。この数字は急速に増えていっている。このようにネットワークについてはIoT待ったなしの状況である。

IoTをドライブする3つのイノベーション

IoTを初めて提唱したのは、RFID(無線タグ、ICタグ)技術の専門家のケビン・アシュトンであり、1999年 のことだ。(参考:That 'Internet of Things' Thing ) それから15年近く経ち、IoTが注目されている。その理由は、IoTを支える技術が成熟してきたからだ。次の3つのイノベーションがIoTを支えている。

昨今、「IoT」という言葉がニュースなどで聞かれるようになった。IoTは、Internet of Thingsの略称であり、時には日本語で「モノのインターネット」と呼ばれることがある。

IoTは一体何を表しているのか。モノのインターネットというモノがつながっている環境によってどのように社会に影響があり、どのようにビジネスに変革をもたらすのか、迫っていきたい。

HubSpot早わかりガイド

SEデザインからブログの更新情報をお届けします。