新着記事

マーケティング担当者の皆様は、日々どのような課題を抱えておられますか? 日頃、外資系IT企業のマーケティング部の方々とお仕事をする機会が多い当社では、日本市場での取り組みに関する課題などを、独自にリサーチしました。その結果を報告します。 (※ヒアリングを行った企業は、当社のクライアント企業ではありません。)

スマートフォンのアプリストアのランキングロジックのご紹介をした以前の記事で、 公開後そのまま放置されているアプリが多いという話をしました。 今回は、「では何をすればよいの?」という説明をしたいと思います。

マーケティングご担当者の方は「リード獲得施策」を日々検討し、実行されています。特にBtoB市場では、「ホワイトペーパー(資料)のダウンロード」を呼び水として、見込顧客のプロファイルを取ることがよくあります。

その中で、プロモーションに使えるコンテンツが自社にあまりストックされていない場合、見込顧客のプロファイルを取るためのダウンロード用コンテンツとして、顧客導入事例が使われるケースが見られます。

前回は、おサイフケータイの現状について説明しましたが、今回は同じく非接触通信のNFCを用いた、スマートフォン向け決済サービスの動向について触れていきたいと思います。

NFCはFeliCaなどと上位互換性を持つ、国際標準規格の非接触通信技術です。世界でさまざまな事業者が、NFCを用いたモバイル決済、要するにおサイフケータイに類する決済サービスを実現するための取り組みを進めています。

長い間IT業界で仕事をしていると、いろいろな導入事例を目にします。導入事例によって商談が成功する、導入事例をきっかけに引き合いが来たなど、IT業界において導入事例は立派な営業マンの役割を果たしています。

しかし、導入事例を作ってもターゲットに興味を持ってもらえない、商談のネタになっていないなど、コストをかけても有効に使えない場合もあります。なぜ、そのようなことが起きるのでしょうか。

スマートフォンとビジネスを結び付ける上で、重要なポイントとなるのが“決済”です。スマートフォンをレジにかざすだけで決済ができる仕組みは多くの人が知っているところですが、普及にはさまざまな課題もあります。スマートフォン決済の現在と課題について、改めて確認してみましょう。

前回からの続きです。

ビッグデータはすべてターゲティングのため

私の一連の記事で紹介させていただいているのは、「広告は個人を正確にターゲットすることが最大価値である」ということである。自社商品を知らせ、興味を持ってもらい、購入行動へ導く以前に、「メッセージが届く人が、自社商品を購入する人か」を見極めることが重要である。

TSUTAYAが図書館をどう変えたのか

TSUTAYA(カルチュア・コンビニエンス・クラブ:以下CCC)が2013年4月に武雄市図書館(佐賀県武雄市)の運営を受託してから1年半になる。この話が公になってから、新聞/メディアなどを通じて「経済価値優先の私企業が、公的な図書館という社会的価値に直接関与すること」に対する批判が多く出た。地元の佐賀新聞は2012年5月20日付の社説で、日本図書館協会の当時の考えを引用し「民間の専門性を生かして運営を改善し、経費節減にもつなげる指定管理者制度の発想と図書館は相いれない」とした。

スマートフォンの普及とともに、スマートフォンアプリの利用率も伸びています。

下記の調査によると、3カ月間のスマートフォンアプリの利用時間は、1人あたり84時間。1日に1時間程度は、アプリを利用していることになります。

2014年も、あっという間に9月に突入しました。そろそろ、新年に向けてカレンダーの制作プロジェクトが始まった企業もあるでしょうか?

しかし、「今年もいつもと同じだよねー、何か目新しい企画ないの?」といった社内の声に頭を悩ますことも多いかと思います。

今回は、カレンダープロジェクトを担当されている皆様向けのアイデアとして、スマートフォン向け「カレンダーアプリ」の企画をご紹介してみたいと思います。

HubSpot早わかりガイド

SEデザインからブログの更新情報をお届けします。