インバウンドマーケティングインバウンドマーケティング

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によって消費動向は大きく変化しており、コロナが終息した後も完全には元に戻らないことが予想されています。

Hubspotは、顧客主導型のマーケティング手法である「インバウンドマーケティング」を効果的に実現できる、SaaS型のビジネスソフトウェアです。「潜在顧客を見つけ」「リード(見込み顧客)を創出し」「顧客を獲得し」「継続的な関係を築く」という、一連のビジネスプロセスを可視化・一元管理できるため、明確な指標を持ってROI(投資収益率)の向上に貢献します。

Hubspotは、様々な外部ツールとの連携することで、単体よりもさらに強力な力を発揮します。本記事では、2020年5月27日時点でHubspotと連携していて、日本語をサポートしているサービスを一覧でご紹介いたします。

あなたの企業は、効果的なメールマーケティングを行っていると言えるでしょうか。メールマーケティングを実施しても、いまいち効果を実感できない企業は多いのではないでしょうか。

セールスイネーブルメントは日本ではまだあまり広く普及していませんが、アメリカ発祥の考え方で、営業組織を強化・改善するための取り組み全般のことです。近年セールスイネーブルメントの考え方を取り入れる企業が増えてきました。今回は、セールスイネーブルメントの意味やメリット、ツールについてご紹介していきます。

近年、多くの企業で導入されているCRMとは一体どんなものなのかご存じでしょうか?聞いたことはあっても詳しい内容についてよく理解していない方も多く、言葉だけが独り歩きしている現状があります。この記事ではCRMとはどういったものなのか、メリットやデメリット、導入や活用方法について解説していきます。

企業のマーケティング手法がアウトバウンドマーケティングからインバウンドマーケティングに変化し、オウンドメディアを活用したマーケティングを行うようになりました。その際、マーケティングの効率化、自動化をIT技術の進化によって実現したのがMA(マーケティング オートメーション)ツールです。

日本でも「働き方改革」とITの進化により屋内で行えるインサイド型の業務はテレワークなどの働き方に変化してきました。一方で、屋外での業務が中心となるフィールド型の営業活動においては、まだまだ改革する余地があります。

企業のマーケティング活動やセールス活動をより効率的に行うためにIT化が進み、「MA」「SFA」「CRM」といったITツールの利活用が進んでいます。その一方で、これらのツールはそれぞれ役割が違うにもかかわらず、混同されることが多く、自社にとって本当に必要なものはどれなのか、ついつい迷ってしまいがちです。

今回は、そんな「MA」「SFA」「CRM」それぞれの違いと役割について、明確にご理解いただけるように解説していきます。

インターネットの進化に伴う消費者の行動の変化に応じて、企業は従来の大量生産、大量消費という一方的なマスマーケティングから、個々の顧客のニーズに合わせたOne to Oneマーケティングへの転換を余儀なくされました。この潮流の中で、カスタマーファースト、カスタマーサクセスといった顧客中心の商品やサービスの開発、提供をすることが必要になっています。

昨今のデジタルマーケティングでは、企業から顧客に対して一方的に働きかける「アウトバウンドマーケティング」よりも、顧客が欲するコンテンツを提供して興味を喚起する「インバウンドマーケティング」が主流となっています。インバウンドマーケティングにおいて、オウンドメディアによる情報発信は有効な手段のひとつですが、ただ単に情報を発信するだけではなく、顧客が欲する情報に合わせて常に進化できる必要があります。

HubSpot早わかりガイド

SEデザインからブログの更新情報をお届けします。