インバウンドマーケティングインバウンドマーケティング

現在、急速にその存在感を増しているオウンドメディア。オウンドメディアとはもともと企業が独自に運営するメディアのことで、大企業、中小企業を問わず、広報やウェブマーケティングにおけるスタンダードになりつつあります。顧客の獲得や、企業・商品のブランディングに広く活用されており、今や広報にとどまらず経営戦略における重要なツールの一つとなっています。

ホームページやブログのアクセス数を増やすために記事を書いたものの、思ったほどアクセス数が伸びない、ということはありませんか?内容には自信があるのになかなか読んでもらえないという状況は、ブログやオウンドメディアを運営している多くの方が経験していることです。

取材の依頼には何が必要?

コンテンツマーケティングを行っている企業なら、広報活動に利用したり、自社メディアに掲載したりするため、独自に取材して記事を制作することがあるでしょう。しかし、「取材や原稿執筆は難しい!」という方が多いのもまた事実。インタビュー記事は魅力的なコンテンツですが、取材依頼の作法については一定のノウハウがなければインタビュイー(取材先)に対して失礼になってしまうこともあります。この記事では、取材を申し込む時に相手にまず伝えなければならないことをご紹介していきます。

マーケティングオートメーション(MA)は、デジタルマーケティングに必要な機能を包括的に提供するシステムです。

 初めて自社のホームページの作成を依頼される方から、「10万円もあれば十分ですよね?」といった言葉をいただくことがあります。

サービスや製品の購入までのプロセスには、見込み顧客との関係構築が必要であり、メールはそのための最適な手段です。したがって、マーケティング担当者や営業担当者は、メールに対して意識を高く持ち、理解を深める必要があります。 今回は、メールマーケティングの基礎知識である配信形式に焦点をあて、そのメリットとデメリットをご紹介します。

リードジェネレーション(Lead generation)という言葉をご存知でしょうか。リードジェネレーションは、マーケティングの仕事に携わっている方はご存知だと思いますが、新しくマーケティングの担当をすることになった方はもちろんのこと営業担当者の方にも理解していただきたい用語です。

リードジェネレーションはマーケティングにおいて重要なテーマです。特に対象市場が限定的で、最終的に営業担当者によるクロージングが一般的なBtoB(企業間取引)のマーケティングにおいては、多くの企業がリードジェネレーションを優先事項にしています。本記事では、マーケティングファネルの出発点であるリードジェネレーションの意味、手法、成功のポイントをBtoBビジネスの視点から解説します。

企業の顧客獲得活動は、見込顧客の発見から始まってクロージング(契約締結)で終わります。近年はこれらの活動の前半部分、つまり見込顧客の発見から育成までのフェーズをマーケティング部門が担当し、顧客訪問以降を営業部門が担当するという形で分業するケースが増えてきました。

ここ数年、マーケティングオートメーションのツールを導入する企業が増えています。

名前に「マーケティング」が入っているため、マーケターのツールと思われるかもしれませんが、獲得した見込み顧客(リード)の購買行動を進めるために、コミュニケーションをはかっていくという流れは営業担当者にとっても活用できる部分です。

日本のマーケティングシーンで「リードナーチャリング」という概念が注目されはじめたのが2015年前後。その後の数年で、「BtoBマーケティングではリードナーチャリングが重要」という認識は随分浸透しましたが、いざ取り組もうとすると、具体的に何をしてよいのか分からないという方も少なくないようです。

HubSpot早わかりガイド

SEデザインからブログの更新情報をお届けします。