コンテンツマーケティングコンテンツマーケティング

現在、急速にその存在感を増しているオウンドメディア。オウンドメディアとはもともと企業が独自に運営するメディアのことで、大企業、中小企業を問わず、広報やウェブマーケティングにおけるスタンダードになりつつあります。顧客の獲得や、企業・商品のブランディングに広く活用されており、今や広報にとどまらず経営戦略における重要なツールの一つとなっています。

ホームページやブログのアクセス数を増やすために記事を書いたものの、思ったほどアクセス数が伸びない、ということはありませんか?内容には自信があるのになかなか読んでもらえないという状況は、ブログやオウンドメディアを運営している多くの方が経験していることです。

取材の依頼には何が必要?

コンテンツマーケティングを行っている企業なら、広報活動に利用したり、自社メディアに掲載したりするため、独自に取材して記事を制作することがあるでしょう。しかし、「取材や原稿執筆は難しい!」という方が多いのもまた事実。インタビュー記事は魅力的なコンテンツですが、取材依頼の作法については一定のノウハウがなければインタビュイー(取材先)に対して失礼になってしまうこともあります。この記事では、取材を申し込む時に相手にまず伝えなければならないことをご紹介していきます。

 初めて自社のホームページの作成を依頼される方から、「10万円もあれば十分ですよね?」といった言葉をいただくことがあります。

サービスや製品の購入までのプロセスには、見込み顧客との関係構築が必要であり、メールはそのための最適な手段です。したがって、マーケティング担当者や営業担当者は、メールに対して意識を高く持ち、理解を深める必要があります。 今回は、メールマーケティングの基礎知識である配信形式に焦点をあて、そのメリットとデメリットをご紹介します。

BtoBマーケティングおいて、見込み顧客(所属や連絡先などの情報を持っており、製品・サービスの販売につながる可能性のある層)の購買行動を進める施策のひとつが、メールやメルマガなどのメールマーケティングです。

はじめに

米国Third Door Media社のメディア「Serch Engine Land」によれば、Googleを利用した検索件数が1年間に2兆件に達するといいます。課題を抱える多くの人が、日々検索によって自身の問題を解決しようとしています。

BtoBマーケティングの必要性が改めて見直されていることもあり、ここ数年、マーケティングオートメーションを導入する企業が徐々に増加してきています。この記事をご覧の方の中にも、導入を検討されている企業のご担当者様が少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

ビジネスブログはBtoBのマーケティングにとって有効な施策のひとつです。しかし、会社の日常を紹介するだけのブログになっていたり、顧客を獲得するための導線が設計されていなかったりするケースが少なくありません。

一般の消費者向けであるBtoCの業界において、Webサイトやソーシャルメディアなどを利用したマーケティング活動は、もはや当たり前のこととなっています。しかし、BtoBの業界においては、テレマーケティングなどのアウトバウンド型の営業活動に比重を置き、マーケティング活動に注力できていない企業も少なくないことでしょう。

HubSpot早わかりガイド

SEデザインからブログの更新情報をお届けします。