デジタルマーケティングデジタルマーケティング

インターネットの進化に伴う消費者の行動の変化に応じて、企業は従来の大量生産、大量消費という一方的なマスマーケティングから、個々の顧客のニーズに合わせたOne to Oneマーケティングへの転換を余儀なくされました。この潮流の中で、カスタマーファースト、カスタマーサクセスといった顧客中心の商品やサービスの開発、提供をすることが必要になっています。

顧客の抱えている興味や課題に沿って商品やサービスを提供する顧客主導型のマーケティングが隆盛な現在、自社サイトやブログといったオウンドメディアの役割が重要になっています。ただし、オウンドメディアを活用する際、目的や目標を決めずにただサイトやブログを立ち上げただけでは、思うような効果は得られません。

マーケティングオートメーション(MA)は、デジタルマーケティングに必要な機能を包括的に提供するシステムです。

SaaSとは、Software as a Service(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)の略で、「サーズ」や「サース」などと発音します。 

SaaSは、文字通りソフトウェアをクラウド上で提供するサービスのことで、ユーザーが端末(パソコンやスマホ)にアプリをインストールする必要がありません。ネット回線さえ接続していれば、ブラウザ上でどこからでも利用できるのが強みです。

Webサイトに集客する施策はいくつかありますが、迅速に見込み顧客を集客できる手法として、リスティング広告が挙げられます。

この記事では、これからBtoBマーケティングに取り組むマーケティング担当者の方に向けて、リスティング広告の概要から効果的な活用方法までを分かりやすく解説します。

日本のマーケティングシーンで「リードナーチャリング」という概念が注目されはじめたのが2015年前後。その後の数年で、「BtoBマーケティングではリードナーチャリングが重要」という認識は随分浸透しましたが、いざ取り組もうとすると、具体的に何をしてよいのか分からないという方も少なくないようです。

ネット広告とは、「インターネット上のスペースを使い、広告主の広告を掲載し、対価を得るサービス」のことである。

しかし、メディアに広告クリエイティブを表示しただけでは、ネット広告として意味をなさず、必ずそれをクリックした先のwebページが用意されて初めてネット広告として成り立つといえる。

〜ネット広告プラットフォームの変遷。 ポータルからソーシャルメディア、そしてニュースアプリへ〜

はじめに

表題は、世界で始めて表示されたバナー広告の文面である(Have you ever clicked your mouse right HERE? YOU WILL)。 これは、1994年10月27日にWired.comに掲載されたものだといわれている。 http://www.wired.com/2010/10/1027hotwired-banner-ads/

DSP- Ad Exchange -SSPをめぐるエコシステム

ネット広告は、さまざまな関連サービスが関わってターゲットされたオーディエンスに届けられる。 実際に国内のあるニュースサイトを閲覧中に、ブラウザに埋め込まれているトラッキングをチェックしてそのブランドをピンクマーカーで塗りつぶしてみたのが以下である。

HubSpot早わかりガイド

SEデザインからブログの更新情報をお届けします。