マーケティングオートメーションマーケティングオートメーション

Hubspotは、顧客主導型のマーケティング手法である「インバウンドマーケティング」を効果的に実現できる、SaaS型のビジネスソフトウェアです。「潜在顧客を見つけ」「リード(見込み顧客)を創出し」「顧客を獲得し」「継続的な関係を築く」という、一連のビジネスプロセスを可視化・一元管理できるため、明確な指標を持ってROI(投資収益率)の向上に貢献します。

Hubspotは、様々な外部ツールとの連携することで、単体よりもさらに強力な力を発揮します。本記事では、2020年5月27日時点でHubspotと連携していて、日本語をサポートしているサービスを一覧でご紹介いたします。

企業のマーケティング手法がアウトバウンドマーケティングからインバウンドマーケティングに変化し、オウンドメディアを活用したマーケティングを行うようになりました。その際、マーケティングの効率化、自動化をIT技術の進化によって実現したのがMA(マーケティング オートメーション)ツールです。

日本でもマーケティングオートメーション(MA)の概念が浸透し、導入が促進されています。背景には、従来行っていたような一方的な電話でのセールスやメールの一斉配信は効率が悪いことが認識されてきたことがあります。代わって、顧客の関心に応じたコンテンツを通してリードを獲得し、さらに育成した上で、適切な方法でアプローチするという手法が注目されるようになりました。

ここ数年、マーケティングオートメーションのツールを導入する企業が増えています。

名前に「マーケティング」が入っているため、マーケターのツールと思われるかもしれませんが、獲得した見込み顧客(リード)の購買行動を進めるために、コミュニケーションをはかっていくという流れは営業担当者にとっても活用できる部分です。

BtoBマーケティングの必要性が改めて見直されていることもあり、ここ数年、マーケティングオートメーションを導入する企業が徐々に増加してきています。この記事をご覧の方の中にも、導入を検討されている企業のご担当者様が少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

1
HubSpot早わかりガイド

SEデザインからブログの更新情報をお届けします。