マーケティング-ローカライゼーションマーケティング-ローカライゼーション

グローバル企業の場合、マーケティング コミュニケーション部門の方は豊富な英文の販促資料を日本市場向けに翻訳することが多いと思いますが、翻訳する際には安心して任せられる翻訳会社を選びたいとお考えではないでしょうか。

翻訳会社を選定する際の検討材料として、トライアル翻訳(お試し翻訳)サービスがあります。翻訳会社に初回の比較検討用として少量の翻訳を依頼できるというもので、通常は無償で依頼が可能です。

マーケティング担当者の皆様は、日々どのような課題を抱えておられますか? 日頃、外資系IT企業のマーケティング部の方々とお仕事をする機会が多い当社では、日本市場での取り組みに関する課題などを、独自にリサーチしました。その結果を報告します。 (※ヒアリングを行った企業は、当社のクライアント企業ではありません。)

多くのグローバル企業が、カタログ、Web、ビデオなどのコンテンツを翻訳(ローカライズ)して各国に展開しています。しかし、それらの制作物は、その市場に合致した明確なメッセージを伝えているでしょうか?

“NO MUSIC, NO LIFE.” このフレーズをご存じですか?

そう、レコードショップ「タワーレコード」が掲げるコーポレート・ボイス(スローガンのようなものか)です。 パッと見てなんとなく意味が伝わりますし、かっこいいですね。

英語のタイトルや見出しには、このように簡潔な表現がよく使われます。

1
HubSpot早わかりガイド

SEデザインからブログの更新情報をお届けします。