営業支援営業支援

ビジネスチャットツールは、社内だけでなく社外との円滑なコミュニケーションを取るのに便利だと言えます。しかし、実際に導入しようとすると「どのチャットツールを選べばいいか分からない」といった場面にも直面するでしょう。数多くのツールの中でも、Slack(スラック)は手軽な操作性と機能性の高さから注目されています。各チャットツールの機能面やメリット、料金などを比較してSlackが備えている特徴を押さえてみましょう。

コロナの影響により、仕事現場をはじめとしてオンライン化が進んでいます。オンライン化でもっとも顕著なのが、テレワークとオンライン商談ではないでしょうか。この記事では、話題のオンライン商談の概要やメリット・デメリット、おすすめのオンライン商談ツールをご紹介します。

セールスイネーブルメントは日本ではまだあまり広く普及していませんが、アメリカ発祥の考え方で、営業組織を強化・改善するための取り組み全般のことです。近年セールスイネーブルメントの考え方を取り入れる企業が増えてきました。今回は、セールスイネーブルメントの意味やメリット、ツールについてご紹介していきます。

近年、多くの企業で導入されているCRMとは一体どんなものなのかご存じでしょうか?聞いたことはあっても詳しい内容についてよく理解していない方も多く、言葉だけが独り歩きしている現状があります。この記事ではCRMとはどういったものなのか、メリットやデメリット、導入や活用方法について解説していきます。

このブログをお読みの皆さんは、会社でのコミュニケーションにはどんなツールを使っていますか?ここ最近では新型コロナウイルスの影響でテレワークや在宅勤務が注目されているなか、社内コミュニケーションのあり方が問われています。そんななか、近年注目を集めているのがビジネスチャットツールです。

日本でも「働き方改革」とITの進化により屋内で行えるインサイド型の業務はテレワークなどの働き方に変化してきました。一方で、屋外での業務が中心となるフィールド型の営業活動においては、まだまだ改革する余地があります。

企業のマーケティング活動やセールス活動をより効率的に行うためにIT化が進み、「MA」「SFA」「CRM」といったITツールの利活用が進んでいます。その一方で、これらのツールはそれぞれ役割が違うにもかかわらず、混同されることが多く、自社にとって本当に必要なものはどれなのか、ついつい迷ってしまいがちです。

今回は、そんな「MA」「SFA」「CRM」それぞれの違いと役割について、明確にご理解いただけるように解説していきます。

インターネットの進化に伴う消費者の行動の変化に応じて、企業は従来の大量生産、大量消費という一方的なマスマーケティングから、個々の顧客のニーズに合わせたOne to Oneマーケティングへの転換を余儀なくされました。この潮流の中で、カスタマーファースト、カスタマーサクセスといった顧客中心の商品やサービスの開発、提供をすることが必要になっています。

SFAは営業活動を効率的に進めていく上で、もはや欠かせないツールです。この記事では営業活動においてSFAが果たす役割を説明した上で、0円から使えるHubSpot Sales Hubを例にとって、SFAに搭載される各種機能をご紹介します。

企業の顧客獲得活動は、見込顧客の発見から始まってクロージング(契約締結)で終わります。近年はこれらの活動の前半部分、つまり見込顧客の発見から育成までのフェーズをマーケティング部門が担当し、顧客訪問以降を営業部門が担当するという形で分業するケースが増えてきました。

HubSpot早わかりガイド

SEデザインからブログの更新情報をお届けします。