marketingmarketing

このブログをお読みの皆さんは、会社でのコミュニケーションにはどんなツールを使っていますか?ここ最近では新型コロナウイルスの影響でテレワークや在宅勤務が注目されているなか、社内コミュニケーションのあり方が問われています。そんななか、近年注目を集めているのがビジネスチャットツールです。

インターネットの進化に伴う消費者の行動の変化に応じて、企業は従来の大量生産、大量消費という一方的なマスマーケティングから、個々の顧客のニーズに合わせたOne to Oneマーケティングへの転換を余儀なくされました。この潮流の中で、カスタマーファースト、カスタマーサクセスといった顧客中心の商品やサービスの開発、提供をすることが必要になっています。

顧客の抱えている興味や課題に沿って商品やサービスを提供する顧客主導型のマーケティングが隆盛な現在、自社サイトやブログといったオウンドメディアの役割が重要になっています。ただし、オウンドメディアを活用する際、目的や目標を決めずにただサイトやブログを立ち上げただけでは、思うような効果は得られません。

日本でもマーケティングオートメーション(MA)の概念が浸透し、導入が促進されています。背景には、従来行っていたような一方的な電話でのセールスやメールの一斉配信は効率が悪いことが認識されてきたことがあります。代わって、顧客の関心に応じたコンテンツを通してリードを獲得し、さらに育成した上で、適切な方法でアプローチするという手法が注目されるようになりました。

大企業を中心に導入が進むマーケティングオートメーション。しかし、現場では中小企業こそ導入すべきとの声が多くなっています。

本記事では、マーケティングオートメーションの概要と主な製品をご紹介するとともに、中小企業がマーケティングオートメーションを導入すべき5つの理由を解説します。

リードジェネレーション(Lead generation)という言葉をご存知でしょうか。リードジェネレーションは、マーケティングの仕事に携わっている方はご存知だと思いますが、新しくマーケティングの担当をすることになった方はもちろんのこと営業担当者の方にも理解していただきたい用語です。

リードジェネレーションはマーケティングにおいて重要なテーマです。特に対象市場が限定的で、最終的に営業担当者によるクロージングが一般的なBtoB(企業間取引)のマーケティングにおいては、多くの企業がリードジェネレーションを優先事項にしています。本記事では、マーケティングファネルの出発点であるリードジェネレーションの意味、手法、成功のポイントをBtoBビジネスの視点から解説します。

SaaSとは、Software as a Service(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)の略で、「サーズ」や「サース」などと発音します。 

SaaSは、文字通りソフトウェアをクラウド上で提供するサービスのことで、ユーザーが端末(パソコンやスマホ)にアプリをインストールする必要がありません。ネット回線さえ接続していれば、ブラウザ上でどこからでも利用できるのが強みです。

企業の顧客獲得活動は、見込顧客の発見から始まってクロージング(契約締結)で終わります。近年はこれらの活動の前半部分、つまり見込顧客の発見から育成までのフェーズをマーケティング部門が担当し、顧客訪問以降を営業部門が担当するという形で分業するケースが増えてきました。

Webサイトに集客する施策はいくつかありますが、迅速に見込み顧客を集客できる手法として、リスティング広告が挙げられます。

この記事では、これからBtoBマーケティングに取り組むマーケティング担当者の方に向けて、リスティング広告の概要から効果的な活用方法までを分かりやすく解説します。

HubSpot早わかりガイド

SEデザインからブログの更新情報をお届けします。