marketingmarketing

“コネクテッド○○”が身近に

世界的に「モノのインターネット」という言葉が流行し始めている。

Internet of Things、略してIoTは、今最もホットなカテゴリーの1つ。Windows 95に端を発する“IT革命”から、インターネットへの常時接続が当たり前になりつつあった当時の“情報通信革命”、その後は携帯電話やスマートフォンなどモバイル機器によるネット利用の拡大へと至ったわけだが、次の大きな流れがIoTになるとも言われている。

「このカタログ、3年前のですね。。」 「改訂したから処分しなくちゃと思ってたんだけどね。」 「在庫がまだたくさん残ってますね。初版はどのくらい印刷したんですか?」 「いくつだったかな?1万部くらいかな?」

先日、カタログやPOPなどの販促物の倉庫の棚卸に同行した際、お客様と上記のような会話をしました。このような状況は、珍しいことではありません。

街のショーウインドーにあふれる「ブランド」の語源は、その英語の意味のひとつ「焼き印をつけた牛」に辿ることができる。放牧された家畜の目印として押された烙印が、今のセレブ御用達のブランドものの証としてのシンボルに繋がっているのである。

「すき屋がいい!」 牛丼屋の選択を間違えて、4歳の息子に「大嫌い!」と言われたのは数週間前のこと。

皆さんはWebマーケット情報をどう集めていますか?

私は日々ネットで情報収集しつつ、まとまった情報が必要な場合には本で情報を集めています。そこで、日々の情報収集に役に立つWebマーケットの情報サイトをまとめてみました。

有名どころばかりなので全部知ってるよ!という方もいるかもしれませんが、もし知らないサイトがあればぜひチェックしてみてください。

HubSpot早わかりガイド

SEデザインからブログの更新情報をお届けします。