mobile_marketingmobile_marketing

企業のマーケティング担当者さんとスマートフォンアプリに関して話すとよく挙がるのが、「O2Oの施策」と「新規顧客獲得」を目的にアプリを検討している、という話です。

EC・小売市場で「オムニチャネル」という言葉が注目されるようになってきた。ユーザーを囲い込むため、リアル店舗、ECサイト、流通といったあらゆる面で変革が求められるオムニチャネルだが、その道のりは容易ではない。果たしてどんな課題があるのだろうか。

前回は、iBeaconの概要とその仕組みについて説明しました。 今回はiBeaconの活用方法を、実際の事例を交えながら紹介していきましょう。

スマートフォンの普及により、モバイルネットワークや無線LANの高速化が進んできた。今後どこまで高速化が進んでいくのか。現在と近い将来の通信技術について簡単におらさいしてみよう。

近頃、マーケティング関連で大きな注目を集めているハードウェアの1つに、「iBeacon(アイビーコン)」があります。一体iBeaconとはどのようなもので、それを使うことで何ができるのでしょうか。

5月に北京で開催された「Global Mobile Internet Conference 2014(GMIC)」の中で、興味深かったパネルディスカッションの中身を少し紹介させていただこうと思う。

前回は、現在O2Oに大きな影響を与えている「ショールーミング」と「オムニチャネル」という、2つのキーワードについて説明しました。これを踏まえた上で、今回はO2Oを実施する上で解決すべき課題と、今後求められる要素について考えていきたいと思います。

フリマアプリで広がるCtoCのECサービス

Fril(フリル)、メルカリ、Prima(プリマ)など、個人間で商品を売り買いできる、いわゆる「フリマアプリ」が人気を集めている。仕組みとしては、個人が不要になった商品などを出品し、それを見た他のユーザーが購入を申し込んで、アプリの運営会社が提供する決済代行サービスを利用して代金をやりとりするというものだ。

世界中で流行するメッセンジャーアプリ

ご存じの通り、メッセンジャーアプリとしては「LINE」が日本で最もメジャーな存在だ。海外に目を向けてみれば、最近では中国Tencentの「WeChat」というメッセンジャー・ソーシャルアプリが数億人レベルまで利用者数を拡大し、中国版TwitterのSina Weibo(微博)や、ECサービスAlibabaのライバルとも見なされている。また、少し前にはFacebookがメッセンジャーアプリ「WhatsApp」を190億ドルで買収するとの発表もあった。

HubSpot早わかりガイド

SEデザインからブログの更新情報をお届けします。