mobile_marketingmobile_marketing

前回はO2Oの基本的な概要と、スマートフォンを主体として現在、どのようなO2O施策が実施されているかについて説明しました。一方、O2Oを取り巻く環境も年々大きく変化しています。

そこで現在、O2Oに取り組む上で知っておきたいワードとなるのが「ショールーミング」と「オムニチャネル」です。今回はこの2つのワードについて説明しましょう。

人はスマホから離れると、 「電話が来てないか?メールは?LINEは?」と、気になってそわそわしちゃうと聞いたことがあります。 常に手元に置いておきたいその距離は3メートルなのだそうです。 ちょうど自分の部屋の中ほどの距離でしょうか?

スマートフォンを用いたマーケティング手法として、ここ数年で大きな注目を集めるようになったのが「O2O」です。

これは“Online to Offline”の略で、インターネット上から、実店舗への顧客行動へと結び付ける施策全般を指します。概念自体非常に曖昧なのですが、要は自分のお店のお客さんを増やすために、インターネットを活用する手段はすべてO2Oということになります。

モバイルサイト制作時に、ブラウザの種類やバージョンをどこまでサポートするか迷ったことはありませんか?

前回のPCに引き続き、今回はモバイルでユーザーが使っているブラウザの最新情報を、1年前と比較して検証しました。

前回の記事で2大マーケット状況を把握したところで、本題のランキングロジックの紹介をしたいと思います。 ※ロジックは公開されていませんので、各考察のまとめです。

2013年12月、AppleはApp Storeのアプリ登録数が100万本を突破したと発表しました。なんと1カ月間の総ダウンロード数は、30億本に達するほどです。

一方で、実は9割以上のアプリは誰にもダウンロードされずに眠っているという噂も聞こえてきます。この差は一体どこから生まれるのでしょうか?

HubSpot早わかりガイド

SEデザインからブログの更新情報をお届けします。