moviemovie

自社の製品やソリューションを顧客に向けてアピールする時に有効な導入事例コンテンツ。最近のマーケティングにおける動画コンテンツの重要性から、導入事例を動画で制作したいということも増えてきました。本記事では、実際の制作時にチェックしておきたいポイントをご紹介します。

前回は最近人気の「ゲーム実況」から、商材の相性を見極めることや、視聴者との共通体験など、動画をマーケティング活用する上でのポイントを確認しました。

今回はより視聴者に近い立ち位置から情報を発信し、人気を獲得しているケースとして、個人が配信している動画から、動画マーケティングに活かすことのできるポイントを探ってみましょう。

前回は、動画サービスにおける種類と内容、活用方法の違いなどについて説明しました。今回は先行する事例から、動画の活用方法について考えていきたいと思います。

スマートフォンにおける動画の活用で、現在最も大きな成功を収めている事例がゲームアプリです。

スマートフォンのハード自体の性能進化に加え、最近ではLTEなどによる高速モバイル通信が広く普及したことから、近年急速に“動画”の利用が広がっています。従来はテレビやパソコンなど画面で視聴されてきた動画サービスが、若年層を中心に、スマートフォンで視聴されるようになってきました。 ...

はじめて動画を作成しようと思っても、どんなポイントを抑えて動画を作ったらいいのか迷ってしまうものです。そこで今回は動画マーケティングを成功に導くために、押さえておきたい5つのポイントをご紹介します。

動画マーケティングをはじめたいけど、何をしたらいいかわらかない。そんなマーケティング担当者のために、基本的な動画の活用方法を5つご紹介します。

求めているゴールと照らし合わせて、どのように動画をWebマーケティングに活用していくのが最も効果的なのか探っていきましょう。

マーケティング担当者なら、「動画マーケティングを始めるべきだ」と一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

しかし、どう動画をマーケティングに活かすべきなのか、本当に今やっておくべきなのかと疑問に思うところでもあります。そこで今回は、動画マーケティングの基本知識と市場動向についてみていきましょう。

スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末で動画が見られるようになり、2013年に発表されたAdobeの調査*1では、モバイルから動画を試聴するユーザーが前年度の3倍を超えて伸びています。

また、スマートフォンの所有率も年々上がってきており、総務省の調査では2012年の9.7%だったものが、2013年には29.3%とこちらも3倍近く伸びています。

近年ソーシャルメディアの普及により、さまざまな手法やコンテンツで製品やキャンペーンの告知が行われています。 そんなマーケティングの中でも、特にサービスの公開前の戦略が印象的と思ったものを取り上げました。

一般的になってきた動画コンテンツ

ここ数年のネットワークの高速化とメモリー量の増加、Youtubeやニコニコ動画といった動画共有サイトの認知度と利用者の増加、スマートフォンやタブレットの高機能化などにより、テレビ以外の「動画」を楽しむ環境が一般にかなり広まってきました。

1
インバウンドマーケティング入門ガイド

SEデザインからブログの更新情報をお届けします。