smartphonesmartphone

検索サイトや広告などからユーザーが直接アクセスしてくるページのことを、「ランディングページ(LP)」と呼びますが、LPを通じて、ユーザーがどういった内容を知りたいかが把握できるため、LPで見せるべきコンテンツの考え方や作り方にこそ、工夫のしどころがあります。

スマートフォン向けのWebサイトは、PCよりもはるかに小さい4~5インチ前後の画面サイズで作ることを念頭におく必要があります。PCサイトのようにたくさんの要素を配置してしまうと、それに合わせてフォントサイズも小さくなり、見にくくなってしまいます。

では、スマホサイトのフォントサイズはどれくらいが適切なのでしょうか。

画面がPCに比べ小さく、レイアウトできる要素も必然的に少ないスマートフォン向けのWebサイトでは、何がそのサイトにとって重要かを見極めることがサイト制作のカギとなります。特に、アクセス直後の1画面内にどんな情報を見せるかが、サイト全体の印象と利便性に大きく関わってきます。

スマートフォンの普及とともに、スマートフォンアプリの利用率も伸びています。

下記の調査によると、3カ月間のスマートフォンアプリの利用時間は、1人あたり84時間。1日に1時間程度は、アプリを利用していることになります。

2014年も、あっという間に9月に突入しました。そろそろ、新年に向けてカレンダーの制作プロジェクトが始まった企業もあるでしょうか?

しかし、「今年もいつもと同じだよねー、何か目新しい企画ないの?」といった社内の声に頭を悩ますことも多いかと思います。

今回は、カレンダープロジェクトを担当されている皆様向けのアイデアとして、スマートフォン向け「カレンダーアプリ」の企画をご紹介してみたいと思います。

スマートフォンアプリのUIは、サービスの評価に直結する重要なファクターといえます。 ユーザーからの反応がダイレクトにわかるからこそ、UIにはこだわりたいものです。ですが、ユーザーの声を全て盛り込むことは、難しいのも事実です。

スマートフォンアプリで、ユーザーにとって使いやすいUIとはどのようなものでしょうか。 ユーザーの目線に立ったUIを考えるために必要な、3つのポイントをご紹介します。

アメリカのApp Storeで6月の後半から約1カ月にわたり、ダウンロードランキングで総合1位を獲得したクイズアプリがあります。

その名も、Guess The Emoji。 Android版もGoogle Playで常に総合2位に入っています。

ブラジルワールドカップにちなんでブラジルのAppStoreを調べていたところ、ダウンロードランキング1位(6月8日現在)のアプリが面白かったので紹介します。

顔ハメ看板アプリこと、FACEinHOLEです。 https://itunes.apple.com/de/app/faceinhole-die-erstaunliche/id320636131?mt=8 よく観光地にあるあれをアプリ化したものです。

テンプレートを決めて、顔写真を取ると顔ハメ写真が出来上がります。

消費税が8%になり、節約意識はますます高まっていますね! 私も抑えられるところは抑えたい!と常に意識するようになりました。

前回の基本編に続き、格安SIMはなぜ安いのか?の理由について触れてみたいと思います。

中国のAppStoreのランキングをチェックしていたところ、5/8に公開されたmeipai(美拍)という10秒間のPV(プロモーションビデオ)を簡単に作成できるスマートフォンアプリが人気となっていました。

HubSpot早わかりガイド

SEデザインからブログの更新情報をお届けします。