writingwriting

ホームページやブログのアクセス数を増やすために記事を書いたものの、思ったほどアクセス数が伸びない、ということはありませんか?内容には自信があるのになかなか読んでもらえないという状況は、ブログやオウンドメディアを運営している多くの方が経験していることです。

取材の依頼には何が必要?

コンテンツマーケティングを行っている企業なら、広報活動に利用したり、自社メディアに掲載したりするため、独自に取材して記事を制作することがあるでしょう。しかし、「取材や原稿執筆は難しい!」という方が多いのもまた事実。インタビュー記事は魅力的なコンテンツですが、取材依頼の作法については一定のノウハウがなければインタビュイー(取材先)に対して失礼になってしまうこともあります。この記事では、取材を申し込む時に相手にまず伝えなければならないことをご紹介していきます。

多くのグローバル企業が、カタログ、Web、ビデオなどのコンテンツを翻訳(ローカライズ)して各国に展開しています。しかし、それらの制作物は、その市場に合致した明確なメッセージを伝えているでしょうか?

私はSEデザインを経て現在、ライティング・編集を行うFootprint Technologiesという会社で活動しています。今回は、企業が発信する「プレスリリースの作り方」について、ライターとしての立場からお話できればと思います。

“NO MUSIC, NO LIFE.” このフレーズをご存じですか?

そう、レコードショップ「タワーレコード」が掲げるコーポレート・ボイス(スローガンのようなものか)です。 パッと見てなんとなく意味が伝わりますし、かっこいいですね。

英語のタイトルや見出しには、このように簡潔な表現がよく使われます。

1
HubSpot早わかりガイド

SEデザインからブログの更新情報をお届けします。